MENU

膝にたまる水は抜いたほうがいい|名古屋・春日井の整体

2018年4月6日

こんにちは


膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方

 

【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!

 

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。


本日のテーマは『膝にたまった水への対応』です。



膝の水の正体


そもそもどうして膝に水が溜まってしまうのか理解していますか?

膝の水と言われるものは正式には『関節液』というもので、関節を滑らかに動かす潤滑油の役割を果たしています。

健康な方はこの関節液が生成と吸収を繰り返して一定量を保っていますが、

何らかの原因で膝に炎症が起きた時に、過剰に関節液が分泌されてしまい

関節包の中に溜まってしまいます。

588f5dc5c85286438783f2302a488dbe-e1482670500209.jpg

特に多く現れるのが膝のお皿の上の部分です。

つまり簡単にまとめると

膝関節の中に何らかの損傷

⇒炎症が起きる

⇒水が溜まる

といった流れになります。

 

膝に水がたまった時の対処法3つ

もし水が溜まって痛みが出てしまったらあなたはどうしますか?

病院へ行って注射で水を抜いてもらいますか?

よく『膝の水は一度抜くとクセになる』といった話を聞きますよね。

これは半分本当で半分うそです。

クセになるというのは水が溜まる原因、つまり炎症が続いている場合に起こります。

なのでこの炎症を落ち着かせることができれば再び水が溜まることはありません。


この炎症を抑える方法として代表的な対処法は以下の3つです


①アイシング

まず自分で手軽にできて非常に効果的なのはこのアイシングです。

氷水を袋などにいれて直接患部を冷やします。

一日3回を目安に1回15分程度やるだけで炎症は早期に抑えられます。


②ステロイド注射

強い鎮痛効果と炎症を抑える効果のあるステロイド剤の注射も有効です。

膝の水の抜くのと同時に行われることが多い治療です。


③太ももの筋肉の治療をする

上に書いた①と②はどちらも炎症を抑えるのには効果的ですが、残念ながら対処療法に過ぎません

大事なことは炎症自体ではなく炎症が起きている原因を解決することです。

この炎症の原因として多いのが、太ももの筋肉の固さがあります。

太ももの筋肉が硬くなることで、膝関節に負担をかけてしまい、結果として炎症が起きます。

即時効果としては①、②には劣りますが、根本的に解決するにはこの方法が不可欠です。


もし水が溜まってしまったら

膝に水がたまった時の痛みとしては2種類の痛みがあります。

炎症による痛み水が溜まって関節の中を圧迫してしまうことでの痛みです。


少しでも早く解決したい場合、私は

一度病院で水を抜いていただくことが効果的だと思います。


確かに再び水が溜まってしまう可能性もありますが、同時にしっかりとした整体での治療を併用することでそれも予防できます。


水が溜まって痛みが出ている状態を我慢するより早めに抜いてもらうことをお勧めします。

ただし、ちゃんとした治療は必要ですよ!


動くとすぐに膝に水が溜まってしまうあなたへ


もしあなたが


 

歩くのが辛くてもう手術をするしかないと思っている
毎日痛いのを我慢して健康のために頑張って歩いている
一日でも早く膝の痛みから解放されたい
もう一度正座をとれるようになりたい


こんなお悩みを抱えているのではれば


当院があなたを救うことができます!


あなたに合ったあなただけの治療を提供いたします!

 

 

本気で膝の痛みから解放されたい人だけこちらをお読みください


膝HL①小.png


 

 

この記事の関連記事

こんにちは 膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方   【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!   本日もブログをお読みいただきありがとうございます。 本日のテーマは『膝の痛みがでない歩き方』です。 膝の

こんにちは 膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方   【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!   本日もブログをお読みいただきありがとうございます。 本日のテーマは『膝のうら側が痛む原因』です。 膝のう

こんにちは 膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方   【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!   本日もブログをお読みいただきありがとうございます。 本日のテーマは『膝が痛いときは歩く?歩かない?』です。


アーカイブ

2021

最新記事


© 2021 【名古屋・春日井】膝の痛み専門整体院 All rights reserved.