MENU

膝が痛いときは歩く?歩かない?|名古屋・春日井の膝痛整体

2018年4月3日

こんにちは


膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方

 

【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!

 

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。


本日のテーマは『膝が痛いときは歩く?歩かない?』です。



膝が痛いときは歩かない方がいい?


当院の患者さんからよく

『膝が痛いときは歩かない方がいいですか?』

とか

『膝が痛くても歩いた方がいいですよね?』

という質問を受けます。


あなたはどう思いますか?


答えは『その方の状況による』ということです。


なんだ結局そんな答えか・・と思われたあなた。

膝が痛いといっても人によって状況は全く違います。

痛みが出てからどれくらい経っているのか?

痛みが出る動作やタイミングはいつなのか?など


では実際にどんな時は歩いた方がいいのか?歩かない方がいいのか?

その基準をお伝えします。

 

歩かない方がいい方の特徴


『歩かない方がいい=歩くことで膝の痛みが悪化する可能性がある』

ということになりますが、このような方の特徴としては以下の通りです。


・膝の痛みが出て間もない場合


・歩けば歩くほど痛みが強くなる場合


・朝より夕方の方が痛みが強くなる方の場合


まとめると


急性期の痛みや、動けば動くほど痛みが強くなる場合はウォーキングなどの運動は

控えた方が良いということです。


特に60代以上の方は『歩かないことで筋力が落ちて余計に歩けなくなってしまう』

という不安を抱えている方が多く、痛みを我慢して歩いている方が多い傾向にあります。

このような場合はまず、歩いても問題のない状態を作ってから運動を行わないと

膝の痛みが悪化してしまう可能性が高いので注意してください。

 


歩いた方がいい方の特徴

反対に積極的に歩いた方がいい方もいます。

そんな方の特徴としては


・朝起きた時が一番痛みが強いが、日中や夕方は比較的楽


・歩き始め(立ち上がる時)に痛みが出るが歩きだすと気にならなくなる


(・治療をして膝の痛みが改善してきている段階の時)


基本的には治療を開始して間もない時には過度な運動は控えていただくことが多いのですが

中には歩行などの運動をすることで、痛みの原因となっている膝周りの筋肉への血流が増加して

痛みが緩和する場合などは適度な運動をお勧めしています。

比較的40~50代の方には早期に運動を再開することを勧めています。


あなたはどちらのタイプでしたか?


このままだと本当に歩けなくなってしまうかもしれないと焦っているあなたへ


 

歩くのが辛くてもう手術をするしかないと思っている
毎日痛いのを我慢して健康のために頑張って歩いている
一日でも早く膝の痛みから解放されたい
もう一度正座をとれるようになりたい


こんなお悩みを抱えているのではれば


当院があなたを救うことができます!


あなたに合ったあなただけの治療を提供いたします!

 

 

本気で膝の痛みから解放されたい人だけこちらをお読みください


膝HL①小.png


 

 

この記事の関連記事

こんにちは 膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方   【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!   本日もブログをお読みいただきありがとうございます。 本日のテーマは『膝の痛みがでない歩き方』です。 膝の

こんにちは 膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方   【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!   本日もブログをお読みいただきありがとうございます。 本日のテーマは『膝うらの痛みに効くマッサージ』です。

こんにちは 膝の痛みで苦しんでいるあなたの最強の味方   【膝の痛み専門整体】リライフ整体院のよしかわです!   本日もブログをお読みいただきありがとうございます。 本日のテーマは『膝にたまった水への対応』です。 膝の


アーカイブ

2021

最新記事


© 2021 【名古屋・春日井】膝の痛み専門整体院 All rights reserved.